オランダの歴史

現オランダのある地域は、「ネーデルラント(低地地方)」と呼ばれるヨーロッパ辺境の地として知られ、古代から中世までは、ローマ帝国やフランク王国に支配されていました。近世になると、複数の諸侯が分立支配するようになりましたが、15世紀になるとブルゴーニュ家がこれらを統一します。ブルゴーニュ家が断絶すると、代わってハプスブルク家が支配者となりました。そしてハプスブルク家はやがて、オーストリア・ハプスブルク...

オランダの正式名称はネーデルラントで、オランダ語で低地の国を意味します。ネーデルラントはオランダ全体を指す言葉です。一方日本が言うオランダ王国はオランダ西部にあるホラントのことを指しています。日本がオランダをネーデルラントではなくオランダという理由は、日本が当時貿易をしていたホラントという地にゆかりがあるからと言われています。よってオランダと言っているのは日本だけなので、注意する必要があります。こ...

年代出来事紀元前前58年現在のオランダ文化圏であるネーデルラントに、ガイウス・ユリウス・カエサル率いるローマ軍が侵攻。ローマの支配下に入る。1世紀2世紀3世紀4世紀5世紀5世紀末頃ローマ帝国が崩壊すると、跡地にフランク王国が勃興。ネーデルラントもその支配下に入る6世紀7世紀8世紀843年フランク王国が分裂し、ネーデルラントは東フランク王国に吸収された。9世紀800年頃-バイキングによる侵攻を...

学生服を意味する「学ラン」という言葉は、実は「オランダ」という国名に由来していることはご存じでしょうか。というのも、学ランのランは、蘭服(ランフク)のランから来ています。日本は、鎖国時代でもオランダとは唯一国交を結んでいたことから、江戸時代洋服全般のことを蘭服と呼んでいたんですね。それで「学生用の蘭服」ということで「学ラン」という言葉が生まれたのです。他にも調べて見ると、日本語には、ピストル、ペン...

トップへ戻る