オランダと日本の関係史|外交の始まりと現在の関係

オランダと日本の関係史|外交の始まりと現在の関係

オランダと日本の関係史|外交の始まりと現在の関係

学生服を意味する「学ラン」という言葉は、実は「オランダ」という国名に由来していることはご存じでしょうか。というのも、学ランのランは、蘭服(ランフク)のランから来ています。

 

日本は、鎖国時代でもオランダとは唯一国交を結んでいたことから、江戸時代洋服全般のことを蘭服と呼んでいたんですね。それで「学生用の蘭服」ということで「学ラン」という言葉が生まれたのです。

 

他にも調べて見ると、日本語には、ピストル、ペン、コーヒーなど、オランダ由来の身近な言葉がたくさんあります。オランダは、日本との歴史的関わりが最も深いヨーロッパの国といえるでしょう。

 

日本の歴史をより深くしる為にも、オランダとの関係史を学ぶことは意義があります。オランダ人との初めての出会いから、現在の関係まで、ざっくりまとめてみましたので、参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

初めてのオランダ人来日者

初めてのオランダ人の出会いというと1600年に来航したリーフデ号を思い起こす人が多いと思いますが、実は初めてオランダ人が日本に来訪したのは1568年のことになります。

 

ディルク・ヘリッツソーン・ポンプという旅行家がポルトガル船にのり来日しました。その後、1585年に再度来日します。これが日本とオランダの初めての交流になります。

 

徳川家康とリーフデ号

先述した通り1600年に現在の大分県にあたる豊後国にオランダ船のリーフデ号が来航します。リーフデ号の航海士であったイギリス人のウィリアム・アダムズは家康の外交顧問として重用されるようになり、三浦按針として知られるようになります。

 

また同じくリーフデ号の航海士であったオランダ人のヤン・ヨーステンは家康に仕えました。彼は耶楊子(ヤヨス)と呼ばれ、この名は東京駅八重洲口の由来だといわれています。

 

平戸オランダ商館と出島

1609年に日本との貿易関係を築きたいと思っていた東インド会社は、オランダのマウリッツ(オラニエ公)の国書を持った船を日本に送りました。

 

そして最終的に家康の許可を得て平戸にオランダ商館が開かれます。オランダ商館のおかげで日蘭貿易は行われました。

 

しかし、徳川幕府が日本人と外国人の接触を規制し、ポルトガル人を排除し、彼らが隔離されていた出島が空いたので今度はそこにオランダ人を住まわせました。出島でも交流は続きましたが、規制が厳しくなっていきオランダ人の利益は減っていきました。

 

蘭学の功績

蘭学とはオランダ語を通じて輸入された西洋の学問などを指す言葉です。これにより医術、砲術が蘭学として伝授されるようになりました。代表的な作品に杉田玄白が翻訳した『解体新書』があります。

 

そしてシーボルトが設立した鳴滝塾をはじめとして全国的に蘭学塾が作られるようになり蘭学が普及していきます。

 

現在の日本とオランダ

第2次世界大戦では太平洋戦争の勃発で、日本はオランダに宣戦布告されてしまいますが、サンフランシスコ講和条約で関係が回復します。

 

その後はとくに問題も起こることなく、天皇皇后両陛下の訪蘭など、公私にわたり両国の関係は続いています。

トップへ戻る